HOME 国会報告 農林水産委員会において一般質問
国会報告

農林水産委員会において一般質問

2016.11.22

今日は、発言者としては厚労大臣政務官当時の平成23年8月以来、質問者としては平成21年4月以来、実に約7年半ぶりとなる農林水産委員会において一般質問を行いました。
30分の持ち時間の中で、①現在進められている農協改革が地元農協に与える影響や問題点、②TPPが地元農林水産業(レンコン、銀杏、金魚)に及ぼす効果や影響、という二点について質問を行いました。

午後には、自動車総連の皆様が税制改正要望に来られました。地方においては、一人一台が当たり前になってきている状況にもかかわらず、取得・保有・走行の各場面で9種類にも及ぶ複雑な課税がされています。やはり、国民の理解を得ることができる、スマートで簡素な税制とすべきだと考えています。

アーカイブ